中学生で24万円

9 10月 2014 in 未分類

このたび、国民生活センターが高額課金をはじめとするオンラインゲームの
消費者トラブルが未だに増え続けていると発表しました。

また、違法性が指摘された「コンプリートガチャ」(コンプガチャ)規制後も
未成年者が自覚がないまま、多額の課金を請求されているようです。

国民生活センターに寄せられたオンラインゲームに関する相談は
平成23年度は約3500件となり、平成21年度と比べると倍以上も増えています。
平成24年度もこの状況は変わらないようです。

9 10月 2014 未分類

コメントはまだありません。

コメントする